線香と墓地

New Posts

心の整理

西宮には遺品整理を行ってくれる業者が多くあります。家族が亡くなってしまった場合は、これらのサービスを活用させていって綺麗に部屋の荷物をなくしていくようにケアを進めていくように心がけていくようにしましょう。

詳細を読む

負担が大きい

大阪などの遺品整理業者を利用して荷物を処分するという方法があります。核家族になって、処理を行なう人が減っていったことから、このようなサービスはとても重要な存在であるといえるでしょう。

詳細を読む

お墓の世話の心配

永代供養の費用相場について

最近は、仕事で海外に行きっぱなしになってしまう人が決して珍しい存在ではなくなってきています。現実的なことを考えると、お盆のたびに帰国してお墓参りすることなどほぼ不可能です。悪くすれば、何年間もお墓を放置しっぱなしということになりますので、お墓が荒れてしまいます。また、海外勤務ではなくても、転勤が多く、なかなか一つ所に住み続けることができないというような人も、定期的なお墓参りが難しいです。そのような事情を抱えている人が、永代供養が保証されたお墓や納骨堂を購入するケースが増えています。永代供養の保証がついていれば、管理者が責任を持って供養してくれますので、精神的な負担を軽減することができます。気になってくるのがその費用ですが、宗派や管理団体ごとに料金が全く異なっていますので、一概に費用相場のようなものを述べることはできません。最も安いところで5万円前後、高値のところは100万円前後になっています。

供養してもらうためにかかる費用について

同じように永代供養をしてもらうのに、なぜそんなに大きな料金の幅が生まれてしまうのかと不思議に感じてしまう人が少なくありません。理由の一つには、その宗派なりの考え方をあげることができます。頻繁に何らかの宗教的儀式を行うようにしないと故人の供養にならないと考えている宗教の場合、その儀式を行うためのコストが発生しますので、料金が高めになる傾向があります。一方、永代供養を宗教法人としての社会的責務の一種だと考えているような宗教の場合には、料金が安めになっているケースが多いです。また、単独墓から合祀墓へ移行する時期が何年後の設定になっているかによっても、料金に差が生じています。一般的には三十三回忌を迎えた時点で合祀されるようになっているケースが多いですが、それよりも早い段階で合祀されるようになっている永代供養墓の費用は比較的安めの設定になっています。

墓石価格を知る

墓石ごとにかかる費用も変わってきます。質を重視したいという場合は、価格を踏まえていきながら最適な墓石はなのかについて家族と相談を行っておくようにしておきましょう。そのことで納得行くプランが組めます。

詳細を読む

Copyright© 2015 永代にわたって供養してくれるココで眠ろう【安らか墓石チョイス】All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com