負担が大きい

家族だけでは片づけられない。そんなケースが増えています。

一人暮らしの高齢者の孤独死が頻繁にニュースになる現代。核家族化が進んで、一人でひっそり亡くなる人が増えて、死後の整理がままならないという話をよく耳にするようになりました。そこまで寂しい最期でなくても、家族が亡くなった後、本人のいなくなった家の遺品整理は重労働なうえ、気持ちの上でもなかなか手がつかないという場合もあるのではないでしょうか。ましてや、その家が遠方だったり、自分自身が忙しかったり、高齢だったりしたら、尚のこと重い作業となるはずです。そんな場合に検討したいのが遺品整理のサービス。家の大きさや整理するものの内容によって料金は変わりますが、遺品整理のプロが来て、遺品の処分から最後の清掃まで引き受けてくれますので、困ったら一度相談してみてはいかがでしょうか。

遺品整理を依頼するときに気をつけたいこと。

遺品整理をプロに依頼する場合、どのようなプロセスを踏むのでしょうか。遺品整理に掛かるコストは先ほども触れましたが、家の大きさ、処分する遺品の内容や量によって変わってきます。基準となる料金は大体軽トラック1台分ほどで済む1Kの部屋で4万円ぐらいから、3Kの部屋だと20万円〜30万円だと言われていますが、家によってかなり差が出てきます。衣類だけの場合と、家具や仏壇など大型の遺品が数多く残っているのとでは、やはり料金が変わるのは当然でしょう。どんな遺品整理業者でも、最初は見積もりからスタートしますので、一度、立ち合いの上、見積りを取ってもらいましょう。できれば見積もりは複数の業者にお願いして、比較してみると良いかもしれません。見積り料金に含まれている作業、含まれない作業、作業が進行していく上で料金が増える可能性があるかどうかも問い合わせましょう。そして必ず確認したいのが、その業者が廃棄許可をもっている業者かどうか。便利屋さんや廃品回収業者の中には許可がなく、回収した遺品を違法に投棄してしまう業者もいるようなので、注意が必要です。

Copyright© 2015 永代にわたって供養してくれるココで眠ろう【安らか墓石チョイス】All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com